ベルトサイズカット #43

合わせ物ベルトのサイズ直しのご依頼です。 『BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)』の袋に入っています。『BOTTEGA VENETA』はイタリアのファッションブランドで、革紐を格子状に編み込んだ『イントレチャート』の革小物が有名です。 袋から出てきたのは、フェザー合わせのベルトです。イントレチャートのような柄が入っています。 なぜ「イントレチャートのような」という言い方をしたかというと、この柄は編み込みによるものではなく、革に切れ込みを入れて…

ベルトサイズカット #42

合わせ物ベルトのサイズ直しのご依頼です。 チェック柄の模様が型押しされた合皮の、ベタ合わせベルトをカットします。 裏側です。ブランド名などの刻印、織ネーム等はありませんでした。 早速ですが、作業を開始しましょう。首元のステッチを切って、美錠部分とベルトを分解します。 、、、んん?この合皮こんなに色ムラあったっけ??というか美錠側のパーツこんな色だった??? 気を取り直して、カットする位置に線を引きます。 ここで違和感の原因が判明しました。この合皮、触ると色…

ベルトサイズカット #41

合わせ物ベルトのサイズカットのご依頼です。 スエードのフェザー合わせのベルトをカットします。 「スエードって何だっけ?」という方の為に少しご説明を。スエード(Suede)とは、革の内側(床面)を起毛させたものです。革の通常使われる側(吟面)ではなく、裏側を使用している商品という事です。同じような革にベロア(Velour)という物もありますが、毛足の短い物を『スエード』、長い物を『ベロア』と呼びます。また起毛の革に『ヌバック(Nubuck)』というものがあり…

ベルトサイズカット #40

一枚物ベルトのサイズ直しのご依頼です。 ワニの型押しが施された、一枚革ベルトを短くカットします。厚い型押の革ってあまり見かけない気がするのは私だけでしょうか? なんとピン穴が9個も開いています。一般的な紳士ベルトはピン穴5つが主流で、真ん中の穴で締めると格好良くなるようデザインされているのですが、これはどの穴で留めるのが正解なんでしょう? 裏側です。 『tricot COMME des GARÇONS(トリコ・コム・デ・ギャルソン)』と刻印されています。こ…

ベルトサイズカット #39

合わせ物ベルトのサイズ直しのご依頼です。 白いスムース革のフェザー合わせベルトをカットします。少し大きめの美錠が付いた、とてもシンプルなベルトです。 美錠にさり気なく『GUCCI(グッチ)』の刻印です。皆様ご存知、イタリアの有名ファッションブランドです。以前修理したGUCCIベルトの記事(コチラ)もよろしければご覧ください。 裏側です。 裏のヌメ革全面に、お馴染みGGパターンが刻印されています。この『GG』は、創業者『グッチオ・グッチ(Guccio Guc…

ページトップへ