ベルト剥がれ修理 #4

ベルト剥がれ修理事例のご紹介です。ベタ合わせとメッシュを繋いだ形のベルトの、ベタ合わせの部分が剥がれてしまっています。 剣先側のメッシュが、ベタ合わせの帯を挟み込んで繋がっています。 裏側です。 色々刻印されています。中国製のようです。 『RALPH LAUREN(ラルフ・ローレン)』の刻印が押されていました。ここのところよくご依頼をいただきます。過去のラルフローレンベルト修理記事もよろしければご覧ください。ベルトサイズカット #18ベルトサイズカット #…

特注ベルト作成 #2

特注ベルト作成のご依頼です。金具はそのまま、傷んだベルトを作り直します。 ノーステッチのフェザー合わせのリバーシブルベルトです。表は黒い革です。 裏側です。こちらは茶系の革です。 金具を外します。金具の内側に円筒状の突起物が付いていて、それがベルトに開けた穴にはまる事で固定されます。 『G』の形のバックルですが、これはイタリアのファッションブランド『GUCCI(グッチ)』のベルトです。過去のGUCCIベルト修理記事もよろしければご覧ください。ベルトサイズカ…

ベルト剥がれ修理 #3

ベルト剥がれ修理のご依頼です。ノーステッチのベタ合わせベルトが剥がれてしまっています。 見ての通り『GUCCI(グッチ)』のベルトです。過去のGUCCIベルト修理記事もよろしければご覧ください。ベルトサイズカット #15ベルトサイズカット #39ベルトサイズカット #44 裏側です。Gの裏側についた突起物でベルトを留める、『トップ』と呼ばれるタイプのバックルです。 ベルト裏側の中心あたりに刻印が押してあります。細かい文字ですが、綺麗にくっきり出ています。 …

ハンドバッグ持ち手剥がれ修理

ハンドバッグの持ち手剥がれ修理のご依頼です。 一目瞭然、イタリアの有名ファッションブランド『FENDI(フェンディ)』のハンドバッグです。ズッカ柄の生地と、赤い革のコンビになっています。 FENDIの文字が型抜きされた金具が、ファスナーの引き手になっています。 小さなスタッズにもFの文字が刻印されています。細かいところまで手が込んでます。 バッグの中には刻印入りの金属プレートが付いていました。イタリア製です。 問題の持ち手はこちらです。 ステッチがほつれて…

ベルト剥がれ修理 #2

ベルト剥がれ修理のご紹介です。 ちょっと変わった作りのベルトです。 裏側です。イタリア製のようです。 何か(恐らくブランドロゴ)が刻印されているのですが、薄くなってしまっていて読めません。何と刻印されていたのでしょうか?とても気になります。 問題の剥がれですが、周りのステッチも切れてしまっていて、ほぼ全体的に剥がれています。 ステッチを切って、バラバラに分解します。糸を全て綺麗に取り除くのが中々面倒です。 表の革が、裏の革に対してこれだけ伸びてしまっていま…

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ