ベルトサイズカット #78

合わせ物ベルトのサイズ直し事例ご紹介です。フェザー合わせにダブルステッチのベルトです。 裏側です。サイズの刻印が押されています。 美錠に『MADE IN JAPAN』の刻印が入っています。これは何気にあまり見かけません。 『Mikado(ミカド)』と素押しで刻印されています。これは日本のベルト製造卸会社『守屋』さんのブランドです。 作業を開始します。ステッチを切って分解します。手縫いで止めてあります。 希望の長さにカットします。元の形に似せて、角を斜めに落…

ベルトサイズカット #77

合わせ物ベルトのサイズ直し事例ご紹介です。『DOLCE & GABBANA』の黒い箱に入った状態で届きました。 『DG』のバックルが目を引く、フェザー合わせのベルトです。ガラス調の黒い革が使われています。 裏側です。トップ式のバックルが付いていて、サル革は吊り革になっています。 箱同様、ベルトの裏にもイタリアのファッションブランド『DOLCE & GABBANA(ドルチェ アンド ガッバーナ)』の刻印があります。 過去の『DOLCE &am…

ベルトサイズカット #76

一枚物ベルトのサイズ直し事例ご紹介です。『EMPORIO ARMANI』の袋入りで登場です。 袋からはタグの付いたままのベルトが出てきました。買ったばかりの新品でしょうか。TOP式のバックルです。バックルの種類についてはコチラをどうぞ。 裏側です。写真の様な突起物で止めるタイプのバックルをトップバックルと呼んでいます。 刻印にもあります通り、コチラのベルトはイタリアのファッションブランド『EMPORIO ARMANI(エンポリオ・アルマーニ)』の商品です。…

ベルトサイズカット #75

一枚物ベルトのサイズ直し事例ご紹介です。革も金具もヴィンテージ感強めのベルトです。 革をよく見ると、カモフラージュ柄のようなものが型押しされているようです。 裏側です。縫い付けられた織りネームがクシャクシャになってしまっています。 オランダアムステルダムのデニムブランド、『G-Star RAW(ジー・スター・ロウ)』の刻印があります。 過去のG-Star RAW商品の修理事例もよろしければご覧ください。ベルトサイズカット #72ベルトサイズカット #73 …

ベルトサイズカット #74

合わせ物ベルトのサイズ直し事例ご紹介です。リバーシブルタイプの金具が使用されているベルトです。 金具を回転させました。ブラックとダークブラウンのリバーシブルです。 早速作業を開始します。精密ドライバーで金具のネジを外します。 ドライバーの横に輪ゴムがあるのにお気付きでしょうか?実は片方のネジ頭の溝が潰れてしまっていて、普通に回しても空回りしてしまい、全く外れませんでした。 そこでネジとドライバーの間に輪ゴムを噛ませてみたところ、上手いこと溝にフィットしたの…

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ