ベルトサイズカット #120

合わせ物ベルトのサイズ直し事例のご紹介です。 黒い合皮のベタ合わせベルトのサイズカットを、まとめて4本ご依頼いただきました。美錠はスタッズで留めてあります。 とても短いベルト(全長約40cm)で、ピン穴がたくさん開いています。 裏側です。裏材は、表と同じ黒い合皮が使われています。 このベルトは、『DAYTONA(デイトナ)』という日本のバイク用品メーカーが販売している、サドルバッグをバイクに取り付けるためのベルトだそうです。私がバイクの事をあまり知らない為…

ベルトサイズカット #119

合わせ物ベルト、サイズ直し事例のご紹介です。 黒いスムースレザーのフェザー合わせベルトです。美錠、サル革は、手縫いで縫い付けられています。 裏側です。裏革も黒のスムースレザーが使われていて真っ黒です。 万年筆で有名な、『MONTBLANC(モンブラン)』の刻印が押されています。 サル革には、モンブランの星型マークのスタッズが打ち込まれています。このマークは、モンブラン(山)の頂上を覆う雪をイメージしたものなのだそうです。 以前に、モンブランの同じベルトを修…

ベルトサイズカット #118

一枚物ベルトサイズ直し事例のご紹介です。 ヴィンテージ感のある一枚革を使った、スタッズがたくさん打ち込まれたベルトをカットします。 色々なスタッズがビッシリです。 ピン穴の部分を開けてビッシリです。 裏側です。折り曲げ部分に縫い込まれた織りネームが、クシャクシャに折れています。 『REHARD(リハード)』と刻印されています。リハードはイタリア発の、バッグを中心とした革製品ブランドです。比較的新しいブランドで、日本に入ってきたのも5、6年前のことだそうです…

ベルトサイズカット #117

合わせ物ベルトサイズ直し事例のご紹介です。 フリーサイズ金具付きのフェザー合わせベルトをカットします。かなり幅が細めのベルトです。 裏側です。裏はキャメルのスムースレザーが使われています。 刻印が素押しされていますが、『Wpn』?『Wpm』?ブランド名だろうと思いちょっと調べてみたんですが、結局よくわかりませんでした。すみません。 気を取り直して作業を開始します。フリーサイズの金具を開いて、金具から帯を取り外します。愛用のホッチキスの後ろの所を利用しました…

ベルトサイズカット #116

合わせ物ベルトサイズ直し事例のご紹介です。 ブラウンのオイルレザーを使った、フェザー合わせのベルトをカットします。 裏側です。二つ目のサル革は吊り革式になっています。 剣先に『LOEWE(ロエベ)』のロゴがありました。ロエベはスペインのファッションブランドで、元々は皮革工房から始まった事もあり、特に皮革製品が有名です。 美錠のピン先にブランドのロゴマークがありました。この写真だと小さくてわかりにくいですが、このマークは筆記体の『L』を4つ組み合わせてデザイ…

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ