ベルトサイズカット #46

一枚物ベルトのサイズ直しのご依頼です。前回に引き続き、これまた強烈にインパクトのある中一美錠のベルトです。 ピン穴には、大きなハトメが打ち込まれています。『鳩』の『目』のように見えるから『ハトメ(鳩目)』だという説がありますが、真相は不明です。ハトメはアイレットとも呼ばれています。 革の表面が激しくひび割れています。古びた雰囲気を出す為に敢えてこういった加工を加えたもので、この手の革は『クラッキングレザー』などと呼ばれています。 裏側です。ベルトの裏面(床…

ベルトサイズカット #45

一枚物ベルトのサイズ直しのご依頼です。かなりインパクトのある美錠が付いています。 一目瞭然『DOLCE & GABBANA(ドルチェ アンド ガッバーナ)』の商品です。以前に『DOLCE & GABBANA』の商品を修理した際の記事もよろしければご覧ください。https://knot-belt.com/blog/2020/06/18/ベルトサイズカット-35/ しかし見れば見るほどパンチの効いた美錠です。これアクリルとかではなく、金属(恐ら…

ハンドバッグ持ち手剥がれ修理

ハンドバッグの持ち手剥がれ修理のご依頼です。 一目瞭然、イタリアの有名ファッションブランド『FENDI(フェンディ)』のハンドバッグです。ズッカ柄の生地と、赤い革のコンビになっています。 FENDIの文字が型抜きされた金具が、ファスナーの引き手になっています。 小さなスタッズにもFの文字が刻印されています。細かいところまで手が込んでます。 バッグの中には刻印入りの金属プレートが付いていました。イタリア製です。 問題の持ち手はこちらです。 ステッチがほつれて…

ベルト剥がれ修理 #2

ベルト剥がれ修理のご紹介です。 ちょっと変わった作りのベルトです。 裏側です。イタリア製のようです。 何か(恐らくブランドロゴ)が刻印されているのですが、薄くなってしまっていて読めません。何と刻印されていたのでしょうか?とても気になります。 問題の剥がれですが、周りのステッチも切れてしまっていて、ほぼ全体的に剥がれています。 ステッチを切って、バラバラに分解します。糸を全て綺麗に取り除くのが中々面倒です。 表の革が、裏の革に対してこれだけ伸びてしまっていま…

ページトップへ