ベルトサイズカット #164

合わせ物ベルトのサイズ直し事例のご紹介です。

スタッズと金具のたくさんついた、メチャクチャ重たいベルトをカットします。

剣先もスタッズだらけ。


裏側です。


織ネームに『NANNI(ナンニ)』と書かれています。
NANNI(ナンニ)は、1981年にVittorio Nanniさんが立ち上げたブランドで、メタルパーツと革を組み合わせたベルトで有名です。


裏は合皮のようで、表面が剥がれてなくなってしまっています。
結構古いベルトなのかもしれません。


作業を開始します。
首元の部分と、ベルト本体を繋いでいるスタッズを外します。
これは壊してしまう他ありません。


希望の長さに合わせてメタルパーツを外し、革をカットします。


カットしたベルトと首元部分を接着して繋げ直します。


さらに先ほど破壊したスタッズの代わりに、丸いスタッズを打ち込みます。


完成しました。


ご利用ありがとうございました。

お問い合わせだけでも結構です。ご連絡はこちらからお願いします。
【お問い合わせフォーム】
https://ssl.shopserve.jp/knot-belt.rh/enq/enquete.cgi?PAGE=1&SHOPURL=

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。
【KNOTのリペアサービス】
https://www.knot-belt.com/repair.html

修理だけでなく、KNOTのベルトもどうぞご覧ください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com/SHOP/153135/list.html

クラウドファンディングサイトMakuakeにて目標金額622%達成!
Makuakeストアにて販売中!
【本革ストレッチベルト】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ