ベルトサイズカット #161

合わせ物ベルトのサイズ直し事例のご紹介です。

色鮮やかなペイズリー柄バックルのベルトをカットします。


このバックルは、写真左の2本の爪を、写真右の2つの輪っかに引っ掛けて留める仕様になっています。


それぞれのバックルはギボシという金具で留まっており、取り外す事も出来るようになっているのですが、穴が一つしか空いていない為サイズは全く調整できません。


裏側です。
ギボシはネジ式なので、取り外して再利用が可能です。


少し消えかかっていますが、イタリアのファッションブランド『ETRO(エトロ)』の刻印が押されています。
ペイズリー柄のアイテムで有名です。

今回は、カットに加え、両端に穴を増やしサイズ調整ができるように改造します。


作業を開始します。
ギボシ、バックル、サル革を外します。


希望の長さに合わせて帯をカットします。
ちょうどいい半丸の抜型がありました。


裁断面を染色します。
他のコバに馴染むよう、綺麗に磨きます。


ギボシ用の穴を開けます。
切れ込み入りの穴を2つにして、サイズ調整が出来るようにします。


カットした箇所にミシンを掛けます。


金具とサル革をセットしたら完成です。


こちら側も穴を増やしています。


結構切りましたね。


ご利用ありがとうございました。

お問い合わせだけでも結構です。ご連絡はこちらからお願いします。
【お問い合わせフォーム】
https://ssl.shopserve.jp/knot-belt.rh/enq/enquete.cgi?PAGE=1&SHOPURL=

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。
【KNOTのリペアサービス】
https://www.knot-belt.com/repair.html

修理だけでなく、KNOTのベルトもどうぞご覧ください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com/SHOP/153135/list.html

クラウドファンディングサイトMakuakeにて目標金額622%達成!
Makuakeストアにて販売中!
【本革ストレッチベルト】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ