ベルトサイズカット #157

合わせ物ベルトのサイズ直し事例のご紹介です。

両サイドに大小の穴が交互に開けられたベルトをカットします。
パーフォレーションなどと呼ばれる装飾です。


裏側です。

たくさん刻印が押されています。


アメリカの靴ブランド『ALLEN EDMONDS(アレン・エドモンズ)』の刻印が押されています。

過去のアレン・エドモンズ商品修理事例もよろしければご覧ください。
ベルトサイズカット #149


作業を開始します。
首元のステッチを切って、美錠、サル革を取り外します。


希望の長さにカットします。


美錠を取り付ける小判穴を開けます。


折り曲げる部分をコバ漉き機で薄くします。
コバのステッチはギリギリ切れていません。


裁断面を黒く染めます。


美錠、サル革をセットし、ミシンで首縫いをしたら完成です。


ご利用ありがとうございました。

お問い合わせだけでも結構です。ご連絡はこちらからお願いします。
【お問い合わせフォーム】
https://ssl.shopserve.jp/knot-belt.rh/enq/enquete.cgi?PAGE=1&SHOPURL=

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。
【KNOTのリペアサービス】
https://www.knot-belt.com/repair.html

修理だけでなく、KNOTのベルトもどうぞご覧ください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com/SHOP/153135/list.html

クラウドファンディングサイトMakuakeにて目標金額622%達成!
Makuakeストアにて販売中!
【本革ストレッチベルト】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ