ベルト剥がれ修理 #17

合わせ物ベルト剥がれ修理事例のご紹介です。

黒のスエード革のベタ合わせに、丸い石入りスタッズがたくさん打ち込まれたベルトです。


裏側です。
表にあったステッチは飾りで、裏には出ていません。
いかにも剥がれそうな作りのベルトです。


フランスのファッションブランド、『Dior(ディオール)』の刻印が押されています。

よく見ると美錠にも小さな字で刻印が入っています。

PARIS DIOR HOMME

過去のディオール製品修理事例も宜しければご覧ください。
ベルトサイズカット #108


問題の剥がれはこうなっています。


表と裏の2枚に、綺麗に剥がれてしまっています。
飾りステッチにスタッズまで付いて、この作りじゃあ仕方ないですね。



いきなりですが、貼り合わせ完了しました。

起毛革は糊が付いてしまうと取れなくなってしまうので、慎重な作業が求められます。


ピン穴もずれる事なくピッタリ貼れました。


コバも綺麗に塗り直しました。


ご利用ありがとうございました。

お問い合わせだけでも結構です。お気軽にご連絡ください。
【お問い合わせフォーム】
https://ssl.shopserve.jp/knot-belt.rh/enq/enquete.cgi?PAGE=1&SHOPURL=

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
https://www.knot-belt.com/repair.html

修理だけでなく、KNOTのベルトもどうぞご覧ください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com/SHOP/153135/list.html

クラウドファンディングサイトMakuakeにて目標金額622%達成!
Makuakeストアにて販売中!
【本革ストレッチベルト】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ