ステッチほつれ修理 #4

ステッチほつれ修理事例のご紹介です。

ダークブラウンの一枚革に帆型美錠のベルトです。
美錠を縫い付ける生成りの手縫いステッチがほつれてしまっています。


裏側です。
美錠から遠い方の糸の一部がなくなっています。
あまり力の掛かるような場所でもなさそうですが、何かの拍子に切れてしまったんでしょうか。


作業を開始します。
残っている手縫い糸を切って、美錠を取り外します。
無傷だった美錠側の糸も切ってしまいます。

これは、新しい糸で縫い直すことで強度が上がるのと、新しい糸と古い糸の色差を無くすためです。


元の針穴を活かして、ロー引き麻糸で縫い直します。


縫い終わりの糸を始末したら完成です。


ご利用ありがとうございました。

お問い合わせだけでも結構です。お気軽にご連絡ください。
【お問い合わせフォーム】
https://ssl.shopserve.jp/knot-belt.rh/enq/enquete.cgi?PAGE=1&SHOPURL=

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
https://www.knot-belt.com/repair.html

修理だけでなく、KNOTのベルトもどうぞご覧ください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com/SHOP/153135/list.html

クラウドファンディングサイトMakuakeにて目標金額622%達成!
Makuakeストアにて販売中!
【本革ストレッチベルト】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ