ベルトサイズカット #128

合わせ物ベルトのサイズ直し事例のご紹介です。

ヒョウ柄毛付き革のベタ合わせベルトをカットします。
毛付きの牛革にヒョウ柄のプリントをしているもので、実際にヒョウの革を使っているわけではありません。

ヒョウ柄毛付き革のベルトの美錠側
ヒョウ柄毛付き革のベルトの剣先側


裏側です。
サル革の左側のミシンの掛け方が独特です。
ここは通常、この画像でいうと垂直方向に縫う所です。
この縫い方だと強度は落ちてしまうでしょうから、そんな事知ったこっちゃ無いというデザイナーのこだわりを感じます。

ヒョウ柄毛付き革のベルトの裏側

金箔押しで『Supreme』『Levi’s』のロゴが押されています。
『Supreme(シュプリーム)』は、アメリカニューヨークの大人気ファッションブランドです。人気の商品などは、大変なプレミア価格で取引されているそうです。

ベルト裏にSupreme、Levi'sのロゴ金箔押し

『Levi’s(リーバイス)』は言わずと知れた超有名ジーンズメーカーです。
過去のリーバイス商品の修理事例もよろしければご覧ください。
ベルトサイズカット #124


作業を開始します。
ステッチを切って、ベルト帯から美錠を取り外します。
糸は綺麗に取り除きます。

ベルト首元のステッチを切って、美錠、サル革を取り外す


希望の長さになるよう帯をカットします。

ベルトをサイズに合わせてカット


美錠を取り付ける位置に小判穴を開けます。

ベルト帯に、美錠を取り付ける小判穴を開ける


裁断面を黒く染色します。

ベルトの裁断面を黒く染色


美錠、サル革をセットし直し、ミシンで首縫いをしたら完成です。

サイズ直し後のベルトと、カットした部分を並べて


ブランドロゴもギリギリ残りました。

サイズ直し後のベルトと、カットした部分を並べて裏側から


ご利用ありがとうございました。

お問い合わせだけでも結構です。ご連絡はこちらからお願いします。
【お問い合わせフォーム】
https://ssl.shopserve.jp/knot-belt.rh/enq/enquete.cgi?PAGE=1&SHOPURL=

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
https://www.knot-belt.com/repair.html

修理だけでなく、KNOTのベルトもどうぞご覧ください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com/SHOP/153135/list.html

クラウドファンディングサイトMakuakeにて目標金額622%達成!
Makuakeストアにて販売中!
【本革ストレッチベルト】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ