ベルトサイズカット #123

合わせ物ベルトのサイズ直し事例のご紹介です。

イントレチャートのベルトをカットします。


サイズ直しに加え、お客様がご自身で開けたピン穴を綺麗にして欲しいとのご依頼をいただきました。


裏側です。


BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)』の刻印です。
ボッテガ・ヴェネタは、イントレチャート(編み込み)の革小物でお馴染みの、イタリアのブランドです。

過去のBOTTEGA VENETA製品修理事例もよろしければご覧ください。
ベルトサイズカット #43
ピン穴追加 #3
ベルトサイズカット #81
ベルトサイズカット #92


作業を開始します。
イントレチャートの部分を漉いたり、穴を開けたりするのは危険なので、新たに革パーツを作ってサイズを調整します。


革漉き機(バンドナイフ)で革の厚みを調整します。


革の床面にゴム糊を引きます。


革を貼り合わせて抜型で抜きます。 
不測の事態に備えて2枚抜いておきます。


革パーツの周りにぐるっとステッチを掛けます。


お預かりしたベルトに戻りまして、首元のステッチを切って美錠と帯をバラします。


希望の長さに合わせて、ベルト帯をカットします。


革パーツと帯をドッキングするための手縫い針穴を開けます。


美錠、サル革をセットして、ロー引き麻糸で手縫いをします。

縫い終わるとこんな感じになりました。


最後にピン穴を整えます。
元の穴より一回り大きなポンチで開け直します。


穴の内側を黒く染めます。


塗料が乾いたら完成です。
綺麗になりましたでしょうか?


ご利用ありがとうございました。

お問い合わせだけでも結構です。ご連絡はこちらからお願いします。
【お問い合わせフォーム】
https://ssl.shopserve.jp/knot-belt.rh/enq/enquete.cgi?PAGE=1&SHOPURL=

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
https://www.knot-belt.com/repair.html

修理だけでなく、KNOTのベルトもどうぞご覧ください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com/SHOP/153135/list.html

クラウドファンディングサイトMakuakeにて目標金額622%達成!
Makuakeストアにて販売中!
【本革ストレッチベルト】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ