ベルトサイズカット #121

一枚物ベルトのサイズ直し事例のご紹介です。

黒の一枚革に、帆型の美錠が手縫いで留められたベルトです。

ピン穴の間に、1から5の数字が刻印されています。
馬具をモチーフにしたデザインです。


裏側です。
美錠と一緒に、一つ目のサル革も縫い込まれています。
二つ目のサル革は宙ぶらりんです。


帯の中心あたりに、『REAL HARNESS(リアルハーネス)』の刻印がありました。
リアルハーネスは、イギリスのウォルソールにある馬具メーカーだそうです。
真ん中に押してある『SADDLERY』というのは、『馬具』、『馬具製造所』という意味とのことです。

MADE IN WALSALL ENGLAND


作業を開始します。
首元の手縫いステッチを切って、美錠とサル革を外します。


希望の長さになるようカットします。


折り曲げ部分を、コバ漉き機で薄く漉きます。


美錠を取り付ける位置に、小判穴を開けます。


裁断面を黒く染色します。


菱目打ちで手縫い用の穴を開けます。


美錠、サル革を取り付けて手縫いをします。
サル革も一緒に縫い込むので中々大変です。


縫い終わりの糸を始末したら完成です。


ご利用ありがとうございました。

お問い合わせだけでも結構です。ご連絡はこちらからお願いします。
【お問い合わせフォーム】
https://ssl.shopserve.jp/knot-belt.rh/enq/enquete.cgi?PAGE=1&SHOPURL=

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
https://www.knot-belt.com/repair.html

修理だけでなく、KNOTのベルトもどうぞご覧ください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com/SHOP/153135/list.html

クラウドファンディングサイトMakuakeにて目標金額622%達成!
Makuakeストアにて販売中!
【本革ストレッチベルト】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ