ステッチほつれ修理 #3

ステッチほつれ修理のご依頼です。
一枚革ベルトのステッチを掛け直します。

ブラウンの革にカラフルなステッチが掛かったベルトです。


この剣先部分のステッチだけがほつれてしまっています。
何らかの理由で下糸が切れてしまったようです。


裏側です。
美錠と帯は、ネジで留まっています。


サルカンに『Paul Smith(ポールスミス)』の刻印が入っています。
ポールスミスは、イギリスロンドンのファッションブランドです。


剣先には、『PS Paul Smith』と押されています。
『PS Paul Smith』というのは、ポールスミスが展開するブランドの一つのようです。


問題の箇所を改めてよく見てみましょう。
剣先の部分だけ、糸が革から抜け出てしまっています。


裏から見ると、やはり下糸の一部が切れて無くなってしまっています。
ミシンで掛けた糸は、上糸、下糸のいずれか一方が切れてしまうと、もう片方の糸はほつれて抜けてしまいます。


では作業開始です。
写真を撮り忘れていますが、ほつれた糸を切って、糸の端を焼いて処理します。

元の糸に近いものを見本帳から探します。


元の針穴に合わせてミシンを掛けたら完成です。


違和感なく仕上がったかと思います。


ご利用ありがとうございました。

お問い合わせだけでも結構です。お気軽にご連絡ください。
【お問い合わせフォーム】
https://ssl.shopserve.jp/knot-belt.rh/enq/enquete.cgi?PAGE=1&SHOPURL=

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
https://www.knot-belt.com/repair.html

修理だけでなく、KNOTのベルトもどうぞご覧ください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com/SHOP/153135/list.html

クラウドファンディングサイトMakuakeにて目標金額622%達成!
Makuakeストアにて販売中!
【本革ストレッチベルト】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ