ベルト剥がれ修理 #14

合わせ物ベルト剥がれ修理事例のご紹介です。

リバーシブルのノーステッチフェザーベルトを再接着し、剥がれ防止のステッチを掛けます。

裏側です。
分かりにくいですが、こちら側は茶系の革です。


美錠に『Ermenegildo Zegna(エルメネジルド ゼニア)』の刻印が入っています。
『エルメネジルド ゼニア』は、イタリアミラノの高級紳士服ブランドです。

過去の『エルメネジルド ゼニア』商品の修理記事もよろしければご覧ください。
ベルトサイズカット #6


問題の剥がれ箇所はこちらです。
コバがぱっくり開いています。
もっと近くで見てみましょう。


ピン穴脇の部分が剥がれています。
コバもボロボロになってしまっています。


まずは剥がれている部分を接着します。


コバは相変わらずボロボロなので、後で綺麗にします。


ステッチを掛けるために、金具を取り外します。


コバ沿いにぐるっとミシンを掛けます。


コバを磨いて塗り直します。
何度か磨いてこんな感じになりました。


金具を取り付けたら完成です。

少しですが金具も綺麗になりました。


ご利用ありがとうございました。

お問い合わせだけでも結構です。お気軽にご連絡ください。
【お問い合わせフォーム】
https://ssl.shopserve.jp/knot-belt.rh/enq/enquete.cgi?PAGE=1&SHOPURL=

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
https://www.knot-belt.com/repair.html

修理だけでなく、KNOTのベルトもどうぞご覧ください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com/SHOP/153135/list.html

クラウドファンディングサイトMakuakeにて目標金額622%達成!
Makuakeストアにて販売中!
【本革ストレッチベルト】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ