ベルトサイズカット #106

合わせ物ベルトサイズ直し事例のご紹介です。

ダークブラウンのオイルレザーを使用した、フェザー合わせのベルトです。

しっかり厚めに肉盛りされています。


裏側です。
裏材は、無染色のヌメ革が使われています。

真鍮素材のイタリア製美錠のようです。

帯裏にたくさん刻印が入っています。

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)』の刻印です。
ホワイトハウスコックスは、ブライドルレザーの商品で有名な、イギリスの革小物ブランドです。

過去のホワイトハウスコックス製品修理記事もよろしければご覧ください。
ベルトサイズカット #37
ベルトサイズカット #57
ベルトサイズカット #69
ベルト剥がれ修理 #9


作業を開始します。
首縫いステッチを切って、美錠、サル革を帯から外します。


帯をカットします。
元の小判穴が残ってしまいますが、これは裏側に回ります。


折り曲げる部分を薄く漉きます。
両端のステッチが切れてしまったので、後ほど掛け直します。


新しい小判穴を開けます。


裁断面を革の色に合わせて、焦茶色に染めます。


先ほどの漉き作業で切れてしまったステッチを掛け直し、首縫いをしたら完成です。

裏から見ると不格好ですが、使用する上では特別問題ないかと思います。


ご利用ありがとうございました。

お問い合わせだけでも結構です。お気軽にご連絡ください。
【お問い合わせフォーム】
https://ssl.shopserve.jp/knot-belt.rh/enq/enquete.cgi?PAGE=1&SHOPURL=

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
https://www.knot-belt.com/repair.html

修理だけでなく、KNOTのベルトもどうぞご覧ください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com/SHOP/153135/list.html

クラウドファンディングサイトMakuakeにて目標金額622%達成!
Makuakeストアにて販売中!
【本革ストレッチベルト】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ