時計ベルト修理 #2

時計ベルトの修理事例ご紹介です。
イタリアのファッションブランド、『GUCCI(グッチ)』の腕時計を修理します。

右側のベルトの手縫いしてある部分がちぎれてしまっています。


裏側から。


写真ではわかりにくいですが、この穴のところが破れています。
ベルトの隣に転がっているのは、テープの巻きついたバネ棒です。


反対側のベルトもステッチがほつれかかっています。


作業を開始します。
糸を切って取り除きます。


なるべく仕上がりの長さが変わらないように、ちぎれた穴が無くなるギリギリのところでカットします。


折り返し部分を薄くします。
GUCCIのロゴが少し削れてしまいました。


革包丁を使って、斜めに革を漉きます。


折り曲げる部分に補強テープを貼ります。


手縫い用の穴を開けます。


バネ棒を入れ、手縫いをします。


先ほど斜めに漉いた折り曲げ部分を接着します。


糊が乾いたら完成です。


よく見ると元の縫い跡が残っているのがわかります。


ご利用ありがとうございました。

お問い合わせだけでも結構です。お気軽にご連絡ください。
【お問い合わせフォーム】
https://ssl.shopserve.jp/knot-belt.rh/enq/enquete.cgi?PAGE=1&SHOPURL=

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
https://www.knot-belt.com/repair.html

修理だけでなく、KNOTのベルトもどうぞご覧ください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com/SHOP/153135/list.html

クラウドファンディングサイトMakuakeにて目標金額622%達成!
Makuakeストアにて販売中!
【本革ストレッチベルト】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ