ベルトサイズカット #69

メッシュベルトのサイズ直し事例ご紹介です。
全ての革紐が剣先部分で繋がったタイプのメッシュベルトをカットします。


裏側です。

美錠には、『WHC1875』と刻印が。

イギリスの革小物メーカー『Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)』の商品です。
『1875』は、ホワイトハウスコックスが設立された年との事です。

過去のホワイトハウスコックス製品修理記事もよろしければご覧ください。
ベルトサイズカット #37
ベルトサイズカット #57


では作業を始めます。
首元のステッチを切り、メッシュ帯を取り外します。


メッシュをカットします。
ほつれどめにテープを巻いてあります。
また、先ほど切ったステッチ糸は綺麗に取り除きます。
細かいものには毛抜きを使います。


カットしたメッシュ帯に首元パーツを取り付け直し、元の針穴を通るよう慎重に縫い直したら完成です。

ご利用ありがとうございました。

お問い合わせだけでも結構です。お気軽にご連絡ください。
【お問い合わせフォーム】
https://ssl.shopserve.jp/knot-belt.rh/enq/enquete.cgi?PAGE=1&SHOPURL=

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
https://www.knot-belt.com/repair.html

修理だけでなく、KNOTのベルトもどうぞご覧ください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com/SHOP/153135/list.html

クラウドファンディングサイトMakuakeにて目標金額622%達成!
Makuakeストアにて販売中!
【本革ストレッチベルト】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ