ピン穴追加 #4

ベルトのピン穴追加事例のご紹介です。
2本まとめてご依頼いただきました。


裏側です。
どちらも一枚革のように見えましたが、上のベルトはベタ合わせでした。
裏が焦茶になっていて、リバーシブルということのようです。

2本とも美錠に『ecco(エコー)』の刻印が入っています。
eccoはデンマークの靴メーカーです。

過去のecco製品修理事例もよろしければご覧ください。
ベルトサイズカット #30


作業開始です。
短くなる方に穴を4つ増やします。
帯の中心に、等間隔になるよう銀ペンで印を付けます。


印の位置に穴を開けます。
ピンの太さやベルトのデザインによって、穴の大きさ、穴と穴のピッチ、穴の形も様々です。
写真左の物のように、予め穴あけポンチが5つ繋がっているものもあります。
これが使えるものはいいのですが、合う型がない場合は、写真右の穴あけポンチで一つずつ開けていくことになります。
曲がらず綺麗に開けるのは大変難しく、毎回非常に緊張します。

上手く出来た?


開けた穴の内側を黒く染めて完成です。
表や裏にはみ出さないよう注意です。

ご利用ありがとうございました。

お問い合わせだけでも結構です。お気軽にご連絡ください。
【お問い合わせフォーム】
https://ssl.shopserve.jp/knot-belt.rh/enq/enquete.cgi?PAGE=1&SHOPURL=

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
https://www.knot-belt.com/repair.html

修理だけでなく、KNOTのベルトもどうぞご覧ください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com/SHOP/153135/list.html

クラウドファンディングサイトMakuakeにて目標金額622%達成!
Makuakeストアにて販売中!
【本革ストレッチベルト】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ