ベルトサイズカット #68

合わせ物ベルトのサイズ直し事例ご紹介です。
コードバンのベルトをカットします。
同じ型のベルトを、2本まとめてご依頼いただきました。


ベルトの途中で表革がつなぎ合わされています。
コードバンの革はあまり大きくなく、ベルトの長さが取れないために、このような作りになっています。
つながずにベルトが取れる大きさの、通称『メガネ』と呼ばれるコードバンもありますが、流通量の少ない希少品です。


裏側です。


WEST END RULE(ウエストエンドルール)』という、『メーカーズシャツ鎌倉』のメンズ小物専門ブランドの刻印が押されています。
『メーカーズシャツ鎌倉』と言えば、『鎌倉シャツ』の呼び名で知られる有名国産アパレルメーカーです。


作業を開始します。
首元のステッチを切って、帯と美錠に分解します。


帯をカットし、角を丸く落とします。
元のステッチ跡ギリギリのところで切りました。
また、美錠のピンが通る小判穴を開ける位置に印を付けます。


折り曲げる部分をコバ漉き機で薄く漉きます。
脇のステッチも切れてしまいましたので、美錠を縫い付ける際にミシン掛けします。


先ほど付けておいた印通りに小判穴を開けます。


裁断面を染めます。
それぞれ革の色に合わせて、黒と焦茶の塗料を使います。


切れてしまった両脇のステッチを掛け直し、美錠、サル革を縫い付けたら完成です。

黒の裏
焦茶
焦茶の裏

ご利用ありがとうございました。

お問い合わせだけでも結構です。お気軽にご連絡ください。
【お問い合わせフォーム】
https://ssl.shopserve.jp/knot-belt.rh/enq/enquete.cgi?PAGE=1&SHOPURL=

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
https://www.knot-belt.com/repair.html

修理だけでなく、KNOTのベルトもどうぞご覧ください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com/SHOP/153135/list.html

クラウドファンディングサイトMakuakeにて目標金額622%達成!
Makuakeストアにて販売中!
【本革ストレッチベルト】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ