ベルト剥がれ修理 #5

ベルト剥がれ修理事例のご紹介です。
ベタ合わせのリバーシブルベルトが、表・芯・裏の3枚に剥がれてしまっています。

表はブルーのシュリンクレザーです。


金具が回転して表裏を切り替えられるようになっています。


裏側は染色していないオイルレザーが日焼けしたような革です。


金具に『escales』と書かれています。
調べたところ、フランスのファッションブランドのようです。
所々言葉遣いがおかしいですが、公式サイトは日本語でもみられるようになっています。


帯を横から見ると剥がれているのがよくわかります。
表の革が波打ってます。


金具を帯から外します。
小さなネジで留まっていました。


ちょっと触るとどんどん剥がれてしまいます。
これは全部剥がしてしまうしかありません。


実は肝心の作業中の写真を撮るのを忘れてしまいました。
それだけ作業に集中していたという事でお許しください。

という訳できれいに貼り合わせて、ステッチ掛け、コバ塗りまで、一気に済んでおります。


裏に比べ、表の革が伸びていた為、金具に差し込む部分がズレてしまいました。


出来るだけ短くならないようにカットして、元の形と同じようにくぼみを付けます。


再び金具に取り付けたら完成です。

ご利用ありがとうございました。

お問い合わせだけでも結構です。お気軽にご連絡ください。
【お問い合わせフォーム】
https://ssl.shopserve.jp/knot-belt.rh/enq/enquete.cgi?PAGE=1&SHOPURL=

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
https://www.knot-belt.com/repair.html

修理だけでなく、KNOTのベルトもどうぞご覧ください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com/SHOP/153135/list.html

クラウドファンディングサイトMakuakeにて目標金額622%達成!
【本革ストレッチベルト】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ