ステッチほつれ修理 #1

ステッチほつれ修理のご依頼です。

合わせ物ベルトのステッチを修理します。
太番手のステッチです。

裏側です。
刻印などが見当たらずブランドは不明ですが、美錠はイタリア製のようです。

SOLID BRASS MADE IN ITALY

ほつれの部分はこちらです。

長年の使用で下糸(裏側の糸)が切れてしまったようです。
よく見ると、この部分以外も下糸の傷みが激しいので、全ての糸を取り除いて掛け直すことにしました。

糸を外していきます。
太い上糸(表側の糸)を引っ張ると、ブチブチ音を立てながら糸が解けていきます。
わずかに残った下糸が簡単に切れてしまうのです。

下糸の残骸が針穴に残っていますので、毛抜きなどを使って全て綺麗に取り除きます。
地味に大変な作業です。

茶色が下糸の残骸


ミシンを掛けるので、一旦美錠を外します。


ステッチをかけ直しました。
きちんと元の針穴を追えています。


美錠、サル革をセットして、手縫いをしたら完成です。

ご利用ありがとうございました。

お問い合わせだけでも結構です。お気軽にご連絡ください。
【お問い合わせフォーム】
https://ssl.shopserve.jp/knot-belt.rh/enq/enquete.cgi?PAGE=1&SHOPURL=

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
https://www.knot-belt.com/repair.html

修理だけでなく、KNOTのベルトもどうぞご覧ください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com/SHOP/153135/list.html

クラウドファンディングサイトMakuakeにて目標金額622%達成!
Makuakeストアにて販売中!
【本革ストレッチベルト】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ