ベルトサイズカット #46

一枚物ベルトのサイズ直しのご依頼です。
前回に引き続き、これまた強烈にインパクトのある中一美錠のベルトです。


ピン穴には、大きなハトメが打ち込まれています。
『鳩』の『目』のように見えるから『ハトメ(鳩目)』だという説がありますが、真相は不明です。
ハトメはアイレットとも呼ばれています。

鳩の目に見えますか?

革の表面が激しくひび割れています。
古びた雰囲気を出す為に敢えてこういった加工を加えたもので、この手の革は『クラッキングレザー』などと呼ばれています。

わざとですわざと


裏側です。
ベルトの裏面(床)は綺麗に処理されています。

剣先裏側に刻印入りです。
「その香水のせいだよ♪」でお馴染みの『DOLCE & GABBANA(ドルチェ アンド ガッバーナ)』の商品です。
過去の『DOLCE & GABBANA』修理事例もよろしければご覧ください。
https://knot-belt.com/blog/2020/06/18/ベルトサイズカット-35/
https://knot-belt.com/blog/2020/08/03/ベルトサイズカット-45/

1インチはおよそ2.5cm

「イタリア製」で、「95cm-38inch」という事のようです。


作業を開始しましょう。
首元のステッチを切って、美錠と帯をバラします。


希望の長さにカットし、彫刻刀で角を丸く落とします。


折り曲げ部分を薄く漉きます。


美錠を取り付ける、小判穴を開けます。


裁断面を染色します。
ダークブラウンの塗料です。

塗料が乾いたら、美錠をセットして仮留めします。


なるべく美錠に近い部分を縫いたいので、今回は手縫いで仕上げることにします。
弊社のミシンでは、この位置にステッチを掛ける事が出来ないのです。
菱目打ちで手縫い用の穴を開けます。

金具の形状により縫える位置が異なります


糸の両端に針を付け、ロー引きの麻糸で縫っていきます。


縫い終わりの糸を始末して完成です。

しっかりと縫えています。
ミシンステッチより頑丈な筈です。

ご利用ありがとうございました。

お問い合わせだけでも結構です。お気軽にご連絡ください。
【お問い合わせフォーム】
https://ssl.shopserve.jp/knot-belt.rh/enq/enquete.cgi?PAGE=1&SHOPURL=

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
https://www.knot-belt.com/repair.html

修理だけでなく、KNOTのベルトもどうぞご覧ください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com/SHOP/153135/list.html

クラウドファンディングサイトMakuakeにて目標金額622%達成!
Makuakeストアにて販売中!
【本革ストレッチベルト】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

ページトップへ