ベルトサイズカット #36

メッシュベルトのサイズカットのご依頼です。

中一美錠の付いた、かなり厚みのあるヌメ革メッシュベルトです。
いい感じに味が出ています。

このステッチの感じは、、、


首元の裏側に織ネームが縫い付けてあります。
BUDDY(バディ)』さんという、原宿のアメカジショップオリジナルの商品のようです。

首元のステッチはまさかの手縫いです。
お客様から事前に頂いた写真の時点でなんだか違和感はあったのですが、私にはメッシュベルトのこの部分を手縫いするという発想が無く、太番手のミシンステッチだと思い込んでいました。
予定よりも大変な作業になる事が確定しました。

ちなみにBUDDYさんのホームページにこの商品が載っていました。
BUDDY オリジナル ベンズレザーメッシュベルト
革の元の状態が見られるので、是非一度ご覧ください。
驚きの白さです。

作業を開始しましょう。
首元のステッチを外します。
やっぱりしっかり手縫いしてあります。
手縫いとミシンでは、糸の解け方が全く違います。


メッシュほつれ防止のテープを巻いてカットします。
首元パーツに隠れていた部分と、他との革色の違いが見事です。


両面テープを使い、メッシュと首元パーツを仮止めします。


菱錐で手縫いの穴を開けます。
付属に開いている元の針穴に合わせて、メッシュ帯に穴を開けていきます。

穴あけが終わったら手縫いです。
黙々と縫うのみです。


縫い終わりの糸を始末したら完成です。


想定外の手縫いで大変でしたが、問題なく仕上がったかと思います。

ご利用ありがとうございました。
お問い合わせだけでも結構です。お気軽にご連絡ください。

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
https://www.knot-belt.com/repair.html

修理だけでなく、KNOTのベルトもどうぞご覧ください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com/SHOP/153135/list.html

クラウドファンディングサイトMakuakeにて目標金額622%達成!
Makuakeストアにて販売中!
【本革ストレッチベルト】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

ページトップへ