ベルトサイズカット #37

合わせ物ベルトのサイズ直しのご依頼です。 ブライドルレザーのフェザー合わせベルトです。ブライドルレザーは、革の内部に蝋やオイルが多く染み込んでいる為、のりが効きづらく貼り合わせ難いので、綺麗にフェザー合わせにするのは大変です。 裏側です。素押し(焼印)で色々刻印されています。 このベルト、イギリスの革小物メーカー『Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)』の商品です。ブライドルレザーを使った商品で、とても有名なブランドです。1875年の設立と…

バックル縫い直し、サル革作成

外れてしまったバックルの縫い直し、紛失してしまったサル革の作成をご依頼いただきました。 こちらのベルトです。4箇所手縫いで留めてあった痕跡があります。サル革は、バックルが外れた拍子に何処かに行ってしまったようです。 このベルト、伸ばして置いて見ると、弧を描くように曲がっています。このようなベルトは『カーブベルト』と呼ばれ、ストレートのベルトに比べウエストにフィットし易いようになっています。真っ直ぐなベルトを使っていくうちに、背中に当たる部分から曲がってくる…

ベルトサイズカット #36

メッシュベルトのサイズカットのご依頼です。 中一美錠の付いた、かなり厚みのあるヌメ革メッシュベルトです。いい感じに味が出ています。 首元の裏側に織ネームが縫い付けてあります。『BUDDY(バディ)』さんという、原宿のアメカジショップオリジナルの商品のようです。 首元のステッチはまさかの手縫いです。お客様から事前に頂いた写真の時点でなんだか違和感はあったのですが、私にはメッシュベルトのこの部分を手縫いするという発想が無く、太番手のミシンステッチだと思い込んで…

ベルトサイズカット #35

一枚物ベルトのサイズ直しのご依頼です。 『DOLCE & GABBANA』の箱が届きました。 箱を開けてみると、『DOLCE & GABBANA』の嵐です。『DOLCE & GABBANA(ドルチェ&ガッバーナ)』は、イタリアミラノの高級ファッションブランドです。 肝心のベルトはこれです。DとGが繋がった形のバックルが付いた、一枚革のベルトです。 裏側です。Dの裏のカバーがかかった突起物をピン穴に刺して使用する、トップバックルと呼ば…

ベルトサイズカット #34

合わせ物ベルトのサイズ直しのご依頼です。 トップ式バックルの付いた、ベタ合わせのベルトをカットします。 バックルの文字をよく見ると、筆記体が苦手ですぐにはわからなかったのですが、『Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)』と書いてありました。皆様ご存知、フランスの高級ファッションブランドです。ルイ・ヴィトンのベルトは以前にもご依頼いただいた事があります。よろしければそちらの記事もご覧ください。・ベルトサイズカット #14・ベルトサイズカット #25 裏…

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ