ベルトサイズカット #28

ベルトサイズカットのご紹介です。
麻っぽい素材のメッシュベルトの丈詰めを行います。

首元パーツの刻印

ピン穴の開いた革製の剣先パーツが付いています。
テープベルトでよくある仕様です。

首元の裏側です。
ロゴマーク入りの織りネームが、革とメッシュの間に縫い込まれています。
こちらは、90年代に一世を風靡したセレクトショップ『TRANS CONTINENTS(トランスコンチネンツ)』のロゴです。

一時はブランド自体消滅していたようですが、数年前に復活したそうです。
その昔、このロケットと地球儀のマークが入ったバッグを持った若者が、街中に溢れていたのを思い出します。(40代男性)

思い出話はこの辺に、作業開始です。

今回は、剣先側をカットすることにしました。
どちらからでも出来ますが、首元側には織りネームがついていたので、こちらを切る方が手間が掛からないと考えました。

ミシン糸を切って、剣先のパーツをメッシュ帯から外します。
革が伸びないようゆっくり剥がします。

メッシュ帯の先端に、グレーの革が巻いてあります


メッシュ帯のカットする位置に、ほつれ止めのテープを巻いてカットします。


メッシュの先を、包丁を使って斜めに薄く削ぎ落とします。
こうすることで、革パーツを取り付けた時の段差が目立たなくなります。
細かいことですが、やるのとやらないのでは、見栄えが結構変わってきます。


元々巻いてあったグレーの革を、メッシュ帯の先端に巻き直します。
両面テープを使います。

両面テープはものづくりの強い味方


メッシュ帯に剣先革パーツを取り付けます。
今度はゴムのりを使います。


元の針穴を外さないようミシンを掛け直して完成です。

ご利用ありがとうございました。

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
http://www.knot-belt.com/repair.html

修理だけでなく、KNOTのベルトもどうぞご覧ください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com/SHOP/153135/list.html

自宅待機中の皆様を応援します!
【レザーキーホルダー製作キット】
https://www.creema.jp/item/9008431/detail

Makuakeにて目標金額622%達成!
【本革ストレッチベルトクラウドファンディング】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

ページトップへ