ベルトサイズカット #25

ベルトのサイズ直しのご紹介です。
ベタ合わせのベルトをカットします。

いきなりLVのロゴが目に飛び込んで来ます
一目瞭然『LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)』のベルトです。
先日もルイ・ヴィトンのサイズ直しをご依頼いただきましたので、よろしければそちらの記事もご覧ください。
金具の形状がちょっと変わっていますね。


中々シワシワ感のすごい革です。


裏側から見るとこうなっています。
写真右側のダボがピン穴に刺さって、ベルトを固定します。
左側はトンネルのようになっていて、ベルトループの役割をします。
金具と帯が小さなネジ3つで留まっています。


刻印がありました。
品番とサイズでしょうか。
横一文字に線が引いてあるのは、お客様が「ここでカットして!」という意味で引かれたものです。


まず金具を外しましょう。
マイナスの精密ドライバーでネジを外します。
ネジを回す時にドライバーが金具を傷つけがちなので、ゆっくり慎重に行う必要があります。


金具だけだとこんな感じです。
小さく『K』の文字が入っていますが、何の意味があるのでしょう?

謎のK


帯をカットして、彫刻刀で角を少しだけ落とします。


裁断面を染色します。
最初は伸びの良いツヤ有りの塗料で。


塗料が乾いたら紙やすりを掛けます。


また塗料を塗ります。


この作業を何度か繰り返してこんな感じになりました。
最初はガサガサだったコバも、もうツルツルです。


新たにネジ穴を開けます。
3つの穴が不思議な間隔で並んでいますので、きっちり測って印を付けます。


カットした箇所にステッチを掛けます。
新たに掛けた所の糸の方が、若干明るく見えます。


最後に金具を取り付けます。
金具を傷つけないよう、最後まで慎重に進めます。
新しく開けたネジ穴の位置もバッチリでした。


完成です。
違和感なく仕上がったかと思います。


ご利用ありがとうございました。

自宅待機中の皆様を応援します!
【レザーキーホルダー製作キット】
https://www.creema.jp/item/9008431/detail

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
http://www.knot-belt.com/repair.html

修理だけでなく、KNOTのベルトもどうぞご覧ください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com/SHOP/153135/list.html

Makuakeにて目標金額622%達成!
【本革ストレッチベルトクラウドファンディング】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ