ベルトサイズカット #22

ベルトのサイズ直しのご紹介です。
革のメッシュベルトをカットします。

写真を撮るのを忘れて、先に糸を切ってしまいました。


剣先から編み込んであるタイプなので、自ずと首元をカットすることになります。


首元裏側の写真です。
ちょっと見えづらいですが、『RLC REGENT』と刻印されています。
SHIPSさんによりますと、イギリスの『ROMA LEATHER』というベルトメーカーのブランドだそうです。


美錠は真鍮鋳物のようです。


編み込みが解けないよう、テープを巻いてからカットします。
もちろんこのテープは縫う前に外します。
横からセロテープが見えていたらカッコ悪いですからね。


首元パーツをカットした帯にセットして、ミシンを掛けます。
元の針穴に合わせて、一目ずつゆっくり縫っていきます。


裏も綺麗に縫えました。
メッシュベルトはミシンの針が真っ直ぐ下りて行かないので、綺麗に縫えるかどうかはやってみないとわかりません。

ご利用ありがとうございました。

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
http://www.knot-belt.com/repair.html

修理だけでなく、KNOTのベルトもどうぞご覧ください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com

Makuakeにて目標金額622%達成!
【本革ストレッチベルトプロジェクトページ】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

ページトップへ