ベルトサイズカット #18

ベルトのサイズ直しのご紹介です。
革のメッシュベルトが長すぎるという事で、丈詰めをします。

剣先から細い革紐で細かく編み込まれたベルトです。

美錠に刻印が入っています。
『RL、王冠マーク、67』とあります。


首元裏面の刻印です。
こちらは『Polo Ralph Lauren(ポロ ラルフローレン)』の商品でした。
アメリカントラッドを代表するファッションブランドです。
この馬のマークの入ったポロシャツをよく見かけます。
年々あの馬が大きくなっている気がするのは気のせいでしょうか。

この数字は何でしょうね。
下の分数みたいなのはサイズでしょうけど、上の方は何だかわかりません。

観察終了、分解開始です。
首元のステッチを外し、金具取り付け部分と、メッシュの帯をバラします。
この部分は、大抵の場合接着されており、力尽くで外してしまうと革が変形してしまうので、ゆっくり少しずつ剥がしていきます。


希望の長さ分カットします。
カットする箇所にテープを巻いて、編み込みがほどけてこないようにします。
ちゃんとテープを剥がしてから縫い付けますのでご心配なく。


一目ずつ元の針穴に針を落として縫い付けます。
表はキレイに縫えました。


裏は少しずれてしまいました。
こればっかりはどうしようもありません。
特にメッシュベルトの場合はほとんど運です。
メッシュの編み目の関係で、ミシン針が真っ直ぐ刺さってくれないのです。

ご利用ありがとうございました。

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
http://www.knot-belt.com/repair.html

うちのお店もどうぞ覗いていってください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com

Makuakeにて目標金額622%達成!
【本革ストレッチベルトプロジェクトページ】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ