ベルトサイズカット #13

ベルトサイズカットのご紹介です。
今回も厚みのある一枚物ベルトです。

また『涙穴(なみだあな)』です。
穴と穴の間に1から5の数字が刻印されています。
たまに見かけるデザインですが、馬の鞍に付ける鎧(あぶみ)がモチーフになっているそうです。

この番号は鎧がモチーフ

首元の裏側に『LL』とあります。
多分サイズでしょう。
隣にある丸い金具はネジです。

帯の裏には『ENGLAND REAL SADDLE LEATHER』と刻印されています。
イギリス製の馬具用の革ですよって事です。
ブランド名は見当たりません。


では作業を始めます。
元々ついていたネジが空回りして外れなかったので、革を切って美錠を取り出しました。
ネジは同じものを金具屋さんで調達しました。
さらに希望の長さに切って、彫刻刀で角を落とします。

穴を開ける箇所に銀ペンで印をつけます。
小判穴とネジ用の穴です。

折り曲げる部分を、コバ漉き機で2mm厚程度に漉きます。
一度に漉けないので、少しずつ漉くことを繰り返します。

相変わらずうまく漉けません

先ほど印をしたところに穴を開けます。

カットした面を染色します。

美錠をセットしてネジ止めをして完成です。

ご利用ありがとうございました。
サドルレザーのいい漉き方をご存知の方、是非ともご一報ください。

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
http://www.knot-belt.com/repair.html

うちのお店もどうぞ覗いていってください。
【KNOTオンラインショップ】
https://www.knot-belt.com

Makuakeにて目標金額622%達成!
【本革ストレッチベルトプロジェクトページ】 
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ