ベルト剥がれ修理

合わせ物ベルトの剥がれ修理とステッチ掛けのご依頼です。リバーシブルのノーステッチフェザー合わせベルトです。

波打っている所が剥がれています

金具に『PRADA(プラダ)』と刻印してあります。
イタリアを代表する高級ブランドです。

サルカンにPRADA刻印

ベルト裏側にも、色々刻印してあります。
イタリアで作られた物のようです。

金具の一部を回転させることで、両面使い分けができるようになっています。

問題の剥がれ箇所ですが、ピン穴の部分がパックリ剥がれています。
この部分は、付け外しの際に毎回折り曲げられるため、最も剥がれやすいのです。
剥がれ修理の大半がこの辺りの修理になります。

表革、芯材、裏革の3層構造になっています。
コバの塗料もボロボロです。

ゴムのりで接着していきます。剥がれた隙間から、目打ちでのりを塗っていきます。

ゴムのりは使いやすいよう、瓶に小分けしてあります

まずは裏と芯材を接着しました。
写真の上の方に写っているのは、圧着するために使うローラーです。

表革も接着しました。
このままではコバがボロボロですね。

コバはボロボロ

コバ塗り、サンドペーパー掛け、コバ塗り、サンドペーパー掛けを何度か繰り返し、この状態までなりました。
だいぶ綺麗になったと思います。

ツルツルになりました

ノーステッチのベルトはどうしても剥がれる恐れがあります。
今回はお客様のご要望で、ベルトの周りにステッチを入れることになりました。
ベルト帯を金具から外します。
金具を少し回転させると2箇所ネジが見えるので、それを外していきます。

金具を外した後のベルトはこんな感じになっています。
この仕組みだと使っているうちに穴が大きくなって抜けてしまわないのか心配です。

ベルトを直接ネジ止め!

ステッチを掛けました。
リバーシブルなので裏はダークブラウンです。

裏はダークブラウン

金具を取り付け直して完成です。
これでもう剥がれることは無いでしょう。

巾着袋付きでした

KNOTのリペアサービスのご紹介でした。
ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
http://www.knot-belt.com/repair.html

Makuakeにて目標金額622%達成!
【本革ストレッチベルトプロジェクトページ】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

ページトップへ