ベルトサイズカット #9

一枚物ベルトのサイズカットのご依頼です。

カシメ(スタッズ)で留まっています

全体を見ていきましょう。首元のスタッズ(カシメ)にブランドの刻印が入っています。『The Superior Labor(ザ シュペリオール レイバー)』という日本のブランドの商品です。

刻印入りスタッズ

剣先にブランドオリジナルの金具が取り付けられています。

刻印入りの金属パーツ

ベルト裏面にブランドの箔押しです。『02』は何でしょう、サイズでしょうか?

美錠の横にも刻印が入っています。こだわりが凄いですね。

では始めます。首元がカシメで止まっているので、これを外していきます。

というより破壊します。上から鋭利なものを突き刺していくと、うまくいけばぽろっと裏側が外れます。私の腕の問題なんでしょうが、うまくいかない時もあります。

目打ちをハンマーで打ち込む

真ん中のはうまくいきました。奥のヤツは失敗したので、ペンチのようなものを駆使して力技で外します。

うまくいくと真ん中の状態になります

なんとか3箇所外れました。今回は2勝1敗でした。勝ち越しなので、私にしてはまあまあいい方です。

カットする位置と、新たに穴を開ける場所に『銀ペン』を使って印をつけます。『銀ペン』は革用のチャコペンみたいなもので、こすると消えます。

右下の黒いのが銀ペンです

カット、穴あけ完了です。この辺の作業は失敗したら取り返しの付かないことになるので、毎回本当に緊張します。

『豆カンナ』で裁断面の面取りをします。

小さなカンナです

裁断面を少し着色します。

折り曲げる部分から先を、コバ漉き機を使って薄くします。革の硬さと相談しながら、大体2〜2.5mmくらいにします。

コバ漉き機

下の色の薄いのが、コバ漉き機で削ぎ落とされたされた部分です。

最後にカシメで美錠(バックル)とサル革(ループ)を取り付けます。元のスタッズと近い色のメッキが付いたものを在庫の中から探します。

カシメは箱に入っています

これなら美錠と並べても違和感が無さそうです。
キミにきめた!

先ほど開けた穴にカシメを仮止めしました。専用の打ち具でしっかり固定します。

ハンマーと棒状の打ち具を使います

完成しました。仕上がりは問題なさそうです。

違和感なく完成

KNOTのリペアサービスのご紹介でした。

ベルトはもちろん、鞄、ハンドバッグ、財布など、皮革製品全般修理します。【KNOTのリペアサービス】
http://www.knot-belt.com/repair.html

プロジェクト公開中!
KNOTの新しい挑戦への応援よろしくお願い致します!
支援金額150万円突破!!
【本革ストレッチベルトプロジェクトページ】
https://www.makuake.com/project/knot-belt/

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ