ベルトサイズカット #8

メッシュベルトのサイズカットのご依頼です。 裏側にミシンのマークが押してあります。 こちら『SCOTCH & SODA(スコッチ アンド ソーダ)』という、オランダはアムステルダムのファッションブランドのロゴのようです。 首元のステッチを外してカットしていきましょう。写真の黄色い柄のついたものは、糸を切る道具です。リッパーというらしいです。 どうしたことでしょう?リッパーが中々入っていきません。 ちょっと革をめくってみたら大量の接着剤でがっちり固ま…

ベルト縫製用ミシン糸

KNOTでは、ベルトの縫製に『ビニモ』という糸を使用しています。皮革製品の縫製用に開発された、ポリエステル製のミシン糸です。 見本帳の表紙はこんな感じです。見本帳を開くとカラフルな糸達がずらりと並んでいます。 ちゃんと数えたことはないですが、色数は100色近いと思われます。この中から革に合った色を選んでいく訳ですが、これだけ種類があっても意外とぴったりくる色が無かったりするので、見極めが難しいところです。見本帳で見るのと、実際革に掛けてみたのとでは違って見…

Knotさんの時計ベルト修理

Makuakeでクラウドファンディングに挑戦中です。プロジェクトページはこちらです。ご支援、情報拡散、どうぞよろしくお願い致します! 今回は時計ベルト修理のご依頼です。ベルトの周りにかかっているステッチのほつれです。 縫い目の端の部分からほつれてしまっています。ポリエステル糸は、ライターや半田ごてで溶かして、針穴から抜けないように始末しますが、どうしてもほつれるものが出てきます。 時計ベルトの修理依頼は珍しいので、他の部分もよく観察してみます。裏側に『TO…

栃木レザー工場見学 #5

(2019年12月の記事です。) Makuakeでクラウドファンディングに挑戦中です。プロジェクトページはこちらです。ご支援、情報拡散、どうぞよろしくお願い致します! 先日、KNOTの所属する東京服装ベルト工業協同組合(通称ベルト組合)主催の、『栃木レザー見学ツアー』に引率として参加してきました。という記事の続きです。今回で終わりです。 また別の建物に向かいます。外観はちょっと学校っぽい感じがあります。 建物の中では、大量のヌメ革が天井から吊り下げられ、自…

栃木レザー工場見学 #4

(2019年12月の記事です。) Makuakeでクラウドファンディングに挑戦中です。プロジェクトページはこちらです。ご支援、情報拡散、どうぞよろしくお願い致します! 先日、KNOTの所属する東京服装ベルト工業協同組合(通称ベルト組合)主催の、『栃木レザー見学ツアー』に引率として参加してきました。という前々回の記事の続きの続きです。 栃木レザーと言えばこの絵をイメージする方も多いのではないでしょうか。ピット槽というタンニン溶解液で満たされたプールのようなも…

ページトップへ