クラウドファンディングに挑戦! #3

(2019年11月の記事です。)

Makuakeでのプロジェクト公開まであと3日です。
応援よろしくお願い致します。


昨日の記事の続きです。
このベルトには、姫路のシュリンクレザーを採用しています。

シュリンクレザーというのは、鞣(なめ)し工程において革の表面(吟面)を縮めて、シボと呼ばれるしわ状の模様を出した革です。

この姫路のシュリンクレザーは、とても柔らかい上に、耐久性にも優れています。
ストレッチベルトに使用する革において、『柔らかさ』と、繰り返しの伸び縮みに負けない『耐久性』は非常に重要な要素です。


また、シュリンクレザーのシボ模様も大事なポイントです。
20cmも伸び縮みをするベルトですから、当然革の表面にはシワが寄ってきます。
シュリンクレザーであればそのシボ模様で、このシワを隠してしまうことができるのです。

また続きます。

多くの方にご覧いただきたいので、Fecebook投稿へのいいね、シェア等ご協力いただければ幸いです。

プロジェクト公開まであと4日!
KNOTの新しい挑戦をよろしくお願い致します!
Makuakeプロジェクトページ(12/1 10:00頃公開)

ページトップへ