ベルトサイズカット #7

恒例ベルトサイズカットのご依頼です。
MACKINTOSH PHILOSOPHY(マッキントッシュ フィロソフィー)』のドレスベルトです。


ベルトのつくりはフェザーで、首元は6箇所穴を開けて手縫いでかがってあります。
先日のものと同じく手縫いですが、今回はそれらほど手は掛かりません。

首元にかがってある糸を切って、美錠サル革(ループ)、帯(ベルト本体)に分解します。
新たに小判穴(美錠のピンが通る穴)を開ける位置に、銀ペンで印をします。


抜き型を使って帯をカットし、裁断面を染色します。


コバ漉き機で折り曲げる部分を薄く漉きます。
奇跡的にベルト両脇のステッチは切れずに済みました。


カットした部分の内側にステッチをかけます。


先ほど印をしておいたところに、小判穴を開けます。


手縫いする箇所に銀ペンで印を付けます。


印をした部分に小さな穴を開けていきます。
穴あけポンチとハンマーを使います。


穴が開いたらかがっていきます。
ロー引きビニモと手縫い用針を使います。
針は1本で大丈夫です。


完成です。


元々の手縫い穴が2つ残りましたが、裏側ですし問題ないかと思います。


KNOTのリペアサービスのご紹介でした。
鞄、ハンドバッグ、財布など、ベルト以外の製品のご相談もお待ちしております。
http://www.knot-belt.com/repair.html

ページトップへ