ベルトサイズカット #5

前回と同じお客様からの、ベルト長さカットのご依頼です。


Martin Faizey(マーティン フェイジー)』のブライドルレザードレスベルトです。
やっぱり手縫いです。


ロー引きの糸を切って分解します。


余分な部分をカットしました。
接着が甘く剥がれています。
ブライドルレザーは接着し辛いのです。

接着して、コバ(裁断面)を染色します。


折り曲げられるように、コバ漉き機でベルトを薄くします。
すると周りのステッチは切れてしまうので、切れていない箇所と繋がるようにミシンを掛け直します。


新しいピン穴を空けます。
どうか曲がりませんように。


さあ、みんな大好き手縫いの時間です。
菱目打ちと菱錐(ひしぎり)を駆使して、手縫い用の穴を空けます。


あとは黙々と縫うのみです。

完成です。久しぶりにハンドステッチをやってみて、改めてミシンの偉大さを実感しました。発明してくれた人ありがとう。

KNOTのリペアサービスのご紹介でした。
鞄、ハンドバッグ、財布など、ベルト以外の製品のご相談もお待ちしております。
http://www.knot-belt.com/repair.html

ページトップへ