ベルトサイズカット #4

ベルトの長さカットのご依頼です。


Martin Faizey(マーティン フェイジー)』のブライドルレザークイックリリースベルトです。
変形して簡単に着脱できるという、ギミック付きのバックルです。
ファイヤーマンバックルとも呼ばれています。


短くするので首元のステッチを外し分解します。…ここで重大なミスを犯していることに気付きます。
このベルト、首元のステッチが通常のミシンステッチではなく、ハンドステッチ(手縫い)されていました。
お客様からお預かりする前に、写真を見て見積りを出すのですが、その時点では気付きませんでした。
ベルトのこの部分を手縫いで仕上げるケースは非常に稀で、全く予想もできませんでした。
ミシンでなく手縫いとなれば、手間が桁違いにかかってしまいます。

事前に気づけなかった私が悪い。
つべこべ言わずにやりましょう。

おりまげる部分を薄く漉(す)きます。
革を削いで薄くすることを、『革を漉く』と言います。
ブライドルレザーは固くて漉き辛いです。


新しいバックルピン穴を空けます。
曲がらないように慎重にやります。


余分な部分を切り落として、裁断面を染めます。

菱目打ちという道具で、手縫い用の穴を空けます。


1本の糸の両端に針を付けて、1目ずつ縫っていきます。
軽くミシンの10倍は時間がかかります。


ようやく完成です。
カットする長さの兼ね合いで、元々空いていた穴、ステッチ痕が残っています。

今度からは、実物を見て見積もりが変わる事があります的な文言を添えておこうと思います。
勉強になりました。

KNOTのリペアサービスのご紹介でした。
鞄、ハンドバッグ、財布など、ベルト以外の製品のご相談もお待ちしております。
http://www.knot-belt.com/repair.html

ページトップへ