ベルト各部位の名称

①:サル革(さるかわ)、遊革(ゆうかく)、指輪(ゆびわ)、ループなどと呼ばれる。美錠に通したベルトの帯を軽く固定する働きをする。 ②:付属(ふぞく)、根革(ねかわ)などと呼ばれる。美錠と帯を繋ぎとめる部分。サイズ調整が出来るように、ネジやフリーサイズ金具が取り付けられることもある。 ③:帯(おび)。ベルト本体のこと。美錠部分は含まれない。 ④:ピン穴(あな)。美錠のピンを差し込む穴。5つ穴、3つ穴が主流。2.5cm間隔で穴が開けられていることが多い。これは…

バックル式美錠(ばっくるしきびじょう)

バックル式美錠とは、ベルトなどに使われる留め具(美錠)の内、可動式のピンを使用せずにベルトを固定するタイプのもの。 美錠裏面にギボシ(ダボ)のついた『トップバックル』、バックル内部のギザギザなゴムで固定する『フィットバックル』、テープベルトによく使われる『ローラー(ガチャ)バックル』、バックル内の突起をベルト埋め込みのレールに噛み合わせて固定する『キーリットバックル』などたくさんの種類がある。 KNOTがお世話になっている金具屋さんです。有限会社トライケー…

ピン式美錠(ぴんしきびじょう)

ピン式美錠とは、ベルトなどに使われる留め具(美錠)の内、可動式のピンをベルト本体の穴に差し込み、固定するタイプのもの。 ピン式美錠は形状から、『帆型(ほがた)』と『中一(なかいち)』の2種類に分けられる。一つの美錠に、ピンが2本付いているものを、『Wピン(ダブルピン)』と呼ぶ。中一美錠は、『ギャリソンバックル』などと呼ばれることもある。 KNOTがお世話になっている金具屋さんです。有限会社トライケープレスト株式会社株式会社上白石宮田金属工業株式会社株式会社…

美錠(びじょう)

美錠とは、ベルトなどに使われる留め具のこと。尾錠、バックルなどとも呼ばれる。真鍮、亜鉛などの金属製、プラスチック製のものなどがある。種類を大別すると、ピン式とバックル式に分かれる。 KNOTがお世話になっている金具屋さんです。有限会社トライケープレスト株式会社株式会社上白石宮田金属工業株式会社株式会社マルホーSP宇内金属工業株式会社有限会社柳場美錠店(順不同)

セーター合わせ(せーたーあわせ)

セーター合わせとは、 合わせ物の製法の一つで、芯材のヘリを表革で包み、裏革を貼り合わせる作り方。『セーター合わせ』や『フランス合わせ』のような製法を総称して、『ヘリ返し』、『返しもの』などと呼ぶ。 表革と裏革のコバ漉きが重要で、貼り合わせ部分の段差や、つなぎ目を目立たなくする技術が求められる。 KNOTのセーター合わせベルトはこちら。Makuake本革ストレッチベルトプロジェクトページ

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ