ベルトサイズカット #87

合わせ物ベルトのサイズ直し事例ご紹介です。ノーステッチフェザー合わせのベルトをカットします。 裏側です。 たくさん刻印がされています。 美錠にも刻印がありましたが、こちらは『HUGO BOSS(ヒューゴ・ボス)』のベルトです。ヒューゴ・ボスは、ドイツのファッションブランドです。メンズのイメージが強いですが、レディース商品も展開しているそうです。 作業を開始します。ステッチを切って、美錠・サル革・帯に分解します。 希望の長さにカットします。上手く元の針穴を追…

ベルトサイズカット #86

合わせ物ベルトのサイズ直し事例ご紹介です。ベタ合わせにトップバックルのベルトをカットします。 特徴的なバックルでもうお分かりかと思いますが、こちらは『GUCCI(グッチ)』の商品です。 革の模様は型押です。何の動物の柄でしょうか? 裏側です。サル革がぶら下がっている、吊り革式になっています。 吊り革を上げると刻印がありました。グッチのブランドロゴと、その他数字とアルファベットがたくさん押されています。 過去のGUCCI商品修理事例もよろしければご覧ください…

ベルトサイズカット #85

合わせ物ベルトのサイズ直し事例ご紹介です。フェザー合わせのビジネス系ベルトです。キメの細かいスムースレザーが美しいです。 裏側です。イタリア製との事です。 『CROCKETT & JONES』と刻印されています。『Crockett & Jones(クロケットアンドジョーンズ)』は、イギリスノーサンプトンの老舗靴メーカーです。設立は1879年で、エジソンが白熱電球を発明した年だそうです。 作業を開始します。ステッチを切って、美錠サル革を外しま…

ベルトサイズカット #84

合わせ物ベルトのサイズ直し事例ご紹介です。ベタ合わせのベルトをカットします。見た瞬間に『GUCCI(グッチ)』だとわかるデザインのベルトです。 『G』の重なった形のバックルと、GGパターンのプリントされた革が使われています。 裏側です。サル革は、吊り革方式で取り付けられています。 『GUCCI(グッチ)』の刻印が押されています。その他にもいろいろ書いてあります。 過去のGUCCI商品修理事例もよろしければご覧ください。ベルトサイズカット #15ベルトサイズ…

ベルトサイズカット #83

合わせ物ベルトのサイズ直し事例ご紹介です。美錠が手縫いされた、シンプルなベルトです。 裏側です。 『GENUINE LEATHER MADE IN JAPAN』とだけ刻印されていて、ブランド名は見当たりません。シンプル! 作業を開始します。手縫い糸をカットし、帯と美錠をバラします。 抜型を使ってカットします。小判穴の印も付けておきます。 折り曲げ部分を薄くします。 先ほど付けた印に合わせて、小判穴を開けます。 手縫い用の穴を開けます。 裁断面を染色します。…

最新記事

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリ

ページトップへ